お知らせ

2017.03.26更新

赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)にお悩みの方はいらっしゃいませんか?

臍ヘルニア(でべそ)とは、新生児期、ちょうど産院を退院して、へその緒が取れた頃から生後1か月くらいまでに、もっこりとおへそが飛び出してくる状態のことを言います。最初は泣いた時だけ大きくなるなど小さいのですが、生後2~4か月をピークに大きくなっていきます。お母さんと赤ちゃんをつなぐ臍帯の通り道であった腹壁の筋肉が完全に閉じなかった為に起こる現象で、新生児の約4%に見られ、1歳までに80%、2歳までに90%前後が自然治癒すると言われています。  

以前は皮膚トラブル(接触皮膚炎)の問題から、何もせずに様子観察することが多かったのですが、大きくなったおへその伸びきってしまった皮膚は元には戻らず、その醜形が問題となっていました。 現在は、通気性の良いテープやスポンジシートの出現により、早期から(生後2か月までがおすすめ!) スポンジ圧迫法により、見た目も美しく、治療期間も29~279日、平均で79日間と短い期間で治せる可能性があることがわかりました。(治療開始を生後2か月とすると生後4か月までに治癒する可能性があるということですね! 当院もこのスポンジ圧迫法を取り入れて、臍ヘルニアの早期完治を目指しています。 現在、まだ始めたばかりではありますが、ご相談いただきました皆様には良好な結果が出ておりますので、赤ちゃんのおへそが気になる方はお気軽にご相談頂けたらと思っています。

もちろん、全員がきれいに治るわけではありません。お肌の弱い赤ちゃんや、臍ヘルニアが大きすぎる場合など、圧迫しても治癒が見られない場合は、ご相談の上、専門病院へ紹介させて頂きます。まずはお電話などでお気軽にご相談ください。赤ちゃんが受診の際には風邪などがうつらないよう早い時間のご予約や、別室で待機して頂けるように手配させて頂きます。

投稿者: ぽっけキッズクリニック