よくある質問

2019.06.28更新

母子手帳にてお子さまの接種歴を確認してみてください。不足しているかな?と感じた場合はお気軽にご相談ください。

 

1.乳幼児期に接種を完了しているワクチン

・ヒブワクチン(4回)

・肺炎球菌ワクチン(4回)

・四種混合ワクチン(DPT-IPV)(4回)

・B型肝炎ワクチン(3回)

・BCG(1回)

・日本脳炎ワクチン(3回)3歳より接種を開始するのが一般的です。

・麻疹風疹ワクチン(MR)(1回)

・水痘ワクチン(2回)

・おたふくかぜワクチン(1〜2回)(任意接種)

・インフルエンザワクチン(毎年)(任意接種)

2.小学校に入学する前1年間で接種するワクチン

・麻疹風疹ワクチン(2回目)

・おたふくかぜワクチン(2回目)(任意接種)既に2回の接種が完了している場合は不要です。

・三種混合ワクチン(DPT)(1回)(任意接種)

・不活化ポリオワクチン(IPV)(1回)(任意接種)

 

麻疹風疹ワクチン(MR)、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチンは1回では不十分です。2回接種することでほとんどの人がこれらの病気にかからなくなり、かかったとしても軽い症状で済むことができます。

四種混合ワクチンで予防することができるジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオですが、小学校入学頃になると徐々にその抗体が低下してきていることが解ってきました。実際、百日咳患者の多くが小学生〜中学生です。これを予防するために小学校入学前に三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)および不活化ポリオワクチンの追加接種をお勧めしています(任意接種)。また11〜12歳で接種する二種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)(定期接種)を三種混合ワクチンに変更することもできます(任意接種となります)。

 

3.小学校以降で接種するワクチン

・日本脳炎ワクチン(9〜12歳)(定期接種)

・二種混合ワクチン(11〜12歳)(定期接種)三種混合ワクチンに変更可能(任意接種)

・HPVワクチン(小6〜高1相当女子)(定期接種)現在は接種の積極的勧奨が控えられています。ご希望の場合はご相談ください。

・髄膜炎菌ワクチン(2歳以上)(任意接種)高校や大学で寮生活をする場合、海外留学を検討する場合は接種をお勧めしてます。

・インフルエンザワクチン(毎年)(任意接種)

 

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2019.06.27更新

髄膜炎菌は健康な人の喉や鼻腔にも存在しています。人から人へ感染し、血液や髄膜に侵入すると全身に広がって敗血症、髄膜炎、髄膜脳炎などの侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)を引き起こします。発症率はそれほど高くはありませんが、ひとたびIMDを発症すると進行が非常に速く、重症化して死に至る危険性もあります。

発症初期の症状は発熱や頭痛、嘔吐などで風邪症状との区別が困難です。進行した場合の致死率は19%程度と報告されていて、発症から24〜48時間で5〜10%が死亡し、回復しても10〜20%の患者さんに難聴や神経障害、循環不全による四肢の壊死など回復困難な後遺症を残します。

世界では毎年50万人が髄膜炎菌感染症を発症し、5万人が死亡していると推定されています。途上国以外でもアメリカやイギリス、オーストラリアなどでも多くの報告があります。国内での発症はこれらの国に比べると多くはありませんが、高校の運動部の寮で集団発生したケースなどがあります。

 

治療が難しい髄膜炎菌感染症ですが、髄膜炎菌感染症にはワクチンが存在します。

アメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなどでは髄膜炎菌ワクチンは定期接種となっています。残念ながら日本では任意接種となりますが、2歳以上で接種が可能です。高校や大学の部活動などで寮生活を検討する場合、海外留学をする場合などに接種をお勧めします。

 

日本ではメナクトラというワクチンが接種可能です。髄膜炎菌には複数の株が存在します。このうち血清型A、B、C、Y、W-135がIMDの原因となります。メナクトラはこのうち4種類の抗原(血清型A、C、Y、W-135)を含みます。接種回数は1回です。

 

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック