MainImage

院長・スタッフ紹介

院長紹介 大川拓也(おおかわたくや)

略歴

昭和45年6月 生まれ
平成8年 日本医科大学を卒業
その後、日本医科大学付属病院、国立病院機構静岡医療センター(旧国立東静病院)などで勤務
平成13年 神奈川県相模原市の総合相模更生病院へ就職
平成21年8月まで 同病院小児科部長として地域医療、小児科救急に従事
特に低身長症、夜尿症、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎など内分泌アレルギー性疾患の子供たちの治療に携わる
平成21年 ぽっけキッズクリニックを開院

資格、所属学会

日本小児科学会小児科専門医
日本小児内分泌学会
日本小児アレルギー学会
日本小児心身医学会
日本夜尿症学会

ご挨拶

ぽっけキッズクリニックは、親御さんや学校の先生たちと一緒に、地域全体の子供たちの健康を支える医療機関であることを大切にしています。決して症状が出た時だけ行くようなところではなく、普段から和気あいあいとした雰囲気があり、どんな小さな相談でも気軽に相談していただけるクリニックですので、初めての方もぜひお気軽にお越しいただければと思います。

院内には専門的な検査ができる機器を導入しており、さらに必要に応じて外部の総合病院をご紹介させていただくことも可能です。また、眼科や内科といった他の診療科の先生とも連携を取りながら、お子さんのことを第一に考えた診療を進めて参ります。初期診断をした上でそういった各種専門機関をご紹介させていただくのも、小児科の重要な役割です。お子さんの健康のことでどこに行けばいいのかわからない時は、まずは当院へご相談ください。

私が小児科医になったきっかけ

医師家系で育ったものの、私が興味を持っていたのは病気を治すということよりも、生き物そのものでした。そのため大学の医学部でも、基礎研究をして生物のことを突き詰めていきたいと考えていました。

しかしある時、転機が訪れました。学生として小児科で実習をしていた時に、糖尿病の子供のサマーキャンプに参加することになったのです。最初はたまたま紹介されただけだったのですが、いざ行ってみると診療室で会う子供が全く別の表情をしていたのです。病院の中では緊張した表情で元気がなかったのに、「せんせー!」と叫びながら蹴りが飛んでくる(笑)。

その姿を見た私は、病気で苦しんでいる子供たちの力になりたい、こういう子供たちの病気を治療できるようになりたいと思うようになったのです。そして基礎研究ではなく、臨床の道を進むことに。もちろん専門は糖尿病を含む内分泌を選択しました。

その後何年か経過し、病院で治療するだけでなく普段の子供たちのことも知り、親御さんともより密にコミュニケーションを取りながら診療をしていきたいと思うようになり、平成21年にぽっけキッズクリニックを開業。ここでは、私の理想とする小児科医料を可能な限り実現しています。

主役はいつでも子供たち。それを忘れずに、周囲でサポートするメンバーの一員として、ぽっけキッズクリニックはこれからも地域の医療を支えていきたいと考えています。

スタッフからのメッセージ

みなさんこんにちは。ぽっけキッズクリニックは子供が大好きなスタッフが多く、自然と子供たちの周りにはスタッフが集まってしまうようなところです。中には仕事が好きすぎて、自然と全患者さんの名前と顔を暗記してしまうスタッフも。

時々、こんなことで病院に来てすいませんと申し訳なさそうにしている親御さんがいらっしゃいますが、全然気にする必要はありません。先生はいつでも子供たちに会えるのを楽しみにしていますので、どうぞお気軽にご来院ください。