お知らせ

2021.03.28更新

スウェーデンから以下のように報告がありました。

・ワクチンを接種した女性の子宮頸がんの罹患率が63%減少した。

・17歳未満(日本の定期接種年齢)でワクチン接種を受けた女性の子宮頸がんの罹患率が88%減少した。

(NEnglJMed2020;383:1340-8)

 

HPVワクチンの定期接種の対象者は小学校6年〜高校1年相当の女の子です。

今もHPVワクチンは定期接種ですが、国の積極的接種の勧奨が控えられてからHPVワクチンの接種率は低下し、多くの子ども達の接種機会が今も失われ続けています。

この間も海外ではHPVワクチンの接種が継続され、その効果が証明されています。

スウェーデンの報告でも示されたように、HPVワクチンはセクシャルデビューする前の年齢で接種することで十分な効果が期待されます。

是非定期接種の期間内に接種を検討してください。不安や疑問な点は、当院までご相談ください。

 

厚生労働省の子宮頸がんとHPVワクチンのサイト

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2021.03.19更新

現在、全国的におたふくかぜワクチン、日本脳炎ワクチンの流通量が減少しています。

おたふくかぜワクチンに関しましては、当院では一定量の確保があります。これまで通り接種をお受けいたしますが(初回1歳、2回目は初回接種から概ね3年から小学校入学前)、当院(ぽっけ、あっぷりけ)かかりつけの方を優先するため、当院が主治医でない方の接種はお断りさせて頂きます。

日本脳炎ワクチンに関しましても、普段より当院かかりつけの方のみ接種をお受けします。
当分の間1期初回、2回目の接種を優先します。3回目(追加)、および2期の接種予約は見合わさせて頂きます。ただし接種期限が迫っている場合はできる限りご予約をお受けいたしますのでお声かけください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2021.03.19更新

第3回のオンライン講座を下記日程で行います。

お昼休みのちょっとした隙間時間に、クリニックにお越し頂かなくても、乳幼児期の食事について知識を深め、医師、管理栄養士に質問をすることができます。

第3回は、幼児期の食事全般について、乳幼児の悩みとして多い「便秘」について主に解説します。

 

ご希望の際は、ぽっけキッズクリニック、あっぷりけキッズクリニック、薬樹薬局長津田の窓口、お電話にてお申し込みください。

 

第3回オンライン講座

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2021.01.31更新

花粉症の患者さんが徐々に増えてきました。

今年は昨年に比べると花粉の飛散量が多いことが予想されています。

 

特に今シーズンは新型コロナウイルスを意識した花粉症対策が重要になります。

・鼻汁や、倦怠感が持続する際に、花粉症と新型コロナウイルス等のウイルス感染症との判断が難しい場合があります。

・口や鼻の粘膜と同様に、目も新型コロナウイルスの感染経路になり得ます。花粉症の症状で目をこする、鼻をかむためにマスクを外す、顔を触ることも感染リスクになります。

・くしゃみをすることで周囲にウイルスを飛散させる可能性があります。

 

今シーズンは、マスクや花粉症対策メガネを利用する、抗アレルギー薬を適切に利用するなど、より徹底した花粉症対策が必要です。

 

関連サイト

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012840151000.html?utm_int=news-life_contents_list-items_003

 

当院の花粉症対応

最近は小児の花粉症患者さんも増えてきました。ただ、小児の場合は特に感染症との鑑別が難しくなります。花粉症の場合、透明な鼻水で、鼻や目の痒みが強いのが特徴的です。目の周りを擦りすぎて赤くなっている子をよく見かけます。発熱を伴う場合は、まずは感染症を考慮してください。

最近は小児でも眠気が少なくて、有効な抗アレルギー薬が増えてきました。抗アレルギー薬で改善が不十分な場合は、点眼薬や点鼻薬の処方も可能ですからご相談ください。

当院では、発熱など感染症状がない患者さんだけを診療する時間を設けています。院内感染などご不安な場合は「非感染症外来」をご利用ください(初診の方は時間などご案内しますので当院までお問い合わせください)。また、スマートフォンを用いた「オンライン診療」、「電話受診」も可能です。オンライン診療では処方箋をご自宅近くの薬局に転送、お薬をご自宅に郵送も可能です。

 

アレルゲン免疫療法

当院では、スギ花粉症およびダニアレルギーに伴う通年生アレルギー性鼻炎のアレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)を行なっています。アレルゲン免疫療法とは、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、根本的な体質改善が期待できる治療法です。

https://www.pokkekids.com/sublingual_immunotherapy/

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.09.12更新

ロタウイルスワクチンが定期接種になります

令和2年10月1日よりロタウイルスワクチンが定期接種となります。対象は令和2年8月1日以降に出生した児。生後14週6日までに接種を開始する必要があります。
当院では生後2か月になったらヒブ、肺炎球菌、B型肝炎ワクチンと一緒に接種することを推奨しています。

 

異なるワクチン間の接種間隔が一部変更されます。

異なるワクチン間の場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあける必要がありました。従来は生ワクチンなら接種してから27日以上、不活化ワクチンなら接種してから6日以上の間隔をあけないと次のワクチンを接種することができませんでした。

令和2年10月1日から、その制限が一部緩和されることとなりました。今後は注射の生ワクチン(BCG、MR、水痘、おたふくかぜワクチン)間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました。

※ 例えば、9月や10月にMRワクチンなどを接種していても、10月以降なら接種間隔を気にせずインフルエンザワクチンの接種が可能です。

接種間隔

 

ただしあくまでも異なるワクチン間の接種間隔についてですので、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔の制限は従来どおりです。

当院が推奨するワクチンスケジュールには変更がありませんから安心してください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.07.09更新

ぽっけキッズクリニック、あっぷりけキッズクリニックにて、新型コロナウイルスの抗体検査が実施可能です。

抗体検査は、採血による検査です。保険外診療で、料金は5000円(税込)となります。

この検査は、PCR検査と異なり、過去の新型コロナウイルス感染を評価する検査で、現在の新型コロナウイルス感染を診断するための検査ではありません。感染してから、抗体が検出される状態になるまでに2週間ほどかかります。過去の発熱が新型コロナウイルスによるものだったのか、これまで特に自覚症状はなかったものの、無症状の新型コロナウイルス感染症にかかったことがないのか、ご心配な方は利用ください。

過去2週間以内に明らかな発熱の既往がある方、現在、感冒症状がある方の検査はお受けできません。

ご希望の方は、ぽっけキッズクリニック、あっぷりけキッズクリニックにお問い合わせください。

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.07.06更新

管理栄養士によるオンライン相談について

ぽっけキッズクリニックでは、管理栄養士によるオンライン相談を開始しました。赤ちゃんが小さくて、クリニックまでお越しいただくことが難しい場合など、ご利用ください。家事や育児の合間に、離乳食のはじめ方や、進め方などを管理栄養士に相談することができます。

・ 毎週水曜日の午前中に実施します(クロンアプリによる事前予約制)。
・ 1回350円(別途アプリ利用料として1回330円)。登録いただきましたクレジットカードより自動的に引き落とされます。自費の相談となりますので、保険証や乳幼児医療券は利用致しません。
・ 医師の診察はありませんので、お薬の処方などはできません。
・ オンライン診療の説明ページに従って、アプリを設定し、初回登録の際に「管理栄養士による栄養相談」を選択してください。
・ 既に初回登録が済んでいる場合、一般診療をオンライン診療にて実施したことがある場合は、当方にて登録の変更が必要です。お電話にてオンライン栄養相談の希望の旨をお知らせください。
・ 操作方法など、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

医師によるオンライン診療について

ぽっけキッズクリニック、あっぷりけキッズクリニックでは、お持ちのスマートフォンを用いたビデオ通話で診察を行うことができます。
当院にお越しいただく事なく診察からお会計、処方箋の受け取りが可能です。ご自宅近くの薬局でお薬を受け取るか、薬局でお薬の郵送も請負ってもらえます。詳細はオンライン診療のページからご確認ください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.06.29更新

 新型コロナウイルスの感染拡大と、それに伴う外出の自粛で、おもに3歳以降の予防接種率が低下しています。

徐々に保育園や幼稚園、小学校などが再開されているなか、これらの病気が流行してしまう懸念があります。接種忘れがある場合は、速やかにかかりつけ医に相談してください。

 朝日新聞の記事を抜粋します。

 

https://www.asahi.com/articles/ASN6T5JMFN6LULBJ01X.html

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.06.26更新

 新型コロナウイルスが流行し、皆さんの不安の声を多く耳にします。「子どもが感染したらどうなるの?」「発熱したらどうしたらいいの?」「普通に病院を受診してもいいの?」
 私たち小児科医は、普段通り皆さんが相談できる様に、院内感染対策を徹底し、準備をしています。非常時のこんな時だからこそ、私たちかかりつけ小児科医を頼ってください。

子どもの発熱、受診のタイミング
 新型コロナウイルスの感染が拡大している今、子どもが体調を崩した時に受診するタイミングで悩まれる方も多いと思います。小児の場合、新型コロナウイルス感染症以外でも咳が強くなったり、発熱が持続することは珍しくありません。
 子どもの感染症の多くはウイルス感染症で抗生剤などは無効です。熱があっても元気で水分などが摂取できていれば、あえて薬を飲まなくても安静と栄養補給でたいていの場合は治癒します。症状があっても慌てて受診せず2~3日待って症状がよくならなければ受診しても遅くはありません。
 逆にどの様な症状があったら急いで受診した方が良いのか、まとめてみます。

・呼吸が苦しい(肩で息をしている・呼吸が極端に早い・咳き込んで話ができなかったり吐き戻してしまう・夜眠ることができない)
・ぐったりしている(顔色が悪い)
・嘔吐を繰り返す
・水分を摂取できない、半日以上尿が出ない
あと、仮に元気に見えても3か月未満の発熱は早めに受診して下さい。

 発熱や咳嗽があり、かかりつけ小児科を受診する際には、病院ごとの指示に従って受診をお願いします。各診療所の院内感染対策にご協力をお願いします。ご不明な場合は、事前にお電話で確認をお願いします。
 当院の場合は順番予約システム(アイチケット)で順番を取得の際に、簡単な問診項目がありますから、そちらにお答え頂くことで、当日の順番予約が可能です。

オンライン診療や電話受診の活用
 「病院に受診するとコロナウイルスに感染してしまうかも」お気持ちはよく解ります。皆さんが、手洗いやマスク使用など、感染対策を心がけて頂いてるおかげで、感染症の患者さんは非常に少なく、診療所は比較的空いています。アイチケット通りに来院頂ければ、それほど待ち時間がなく診察が可能です。
 また、当院であれば、オンライン診療などを利用することで、来院することなく診察と、処方箋の発行、かかりつけ薬局で対応いただければお薬の郵送まで、ご自宅で済ませることが可能です。
 
予防接種や乳幼児健診は
 「コロナウイルスが心配だから予防接種を見合わせたい」というご相談を受けることがあります。乳児期から1歳で接種する予防接種はどれも大切なものばかりです。万が一感染してしまうとコロナウイルス以上に恐ろしい病気も少なくありません。特にこれらの年齢で接種すべき予防接種は遅らせないようにして下さい。当院では予防接種の時間、乳幼児健診の時間は厳密に感染症の診療と区別しています。診療所で感染してしまうリスクは高くはありません。
 
お問い合わせ先
・新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター 045-664-7761
・新型コロナウイルスに関するご質問は下記にて承ります
厚生労働省 0120-565-653
神奈川県 045-285-0536
横浜市 045-550-5530
・子どもの急な体調変化、看護師がアドバイス 横浜市救急電話相談 #7119(045-222-7119)
・当院にかかりつけの方は受診のタイミングや、予防接種のご相談など当院にお電話でお問い合わせ頂いても結構です(診療時間内)。

コロナウイルスマスク

 

 

 

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2020.06.20更新

 厚生労働省より、新型コロナウイルス接触確認アプリが6月19日にリリースされました。アプリを利用すると、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
 iPhone、Androidのアプリストアからダウンロードできます。私が試した6月19日時点では、ややアクセスしにくい状況になっているようです。
 多くの方が利用することで、通知の精度が上がります。ご利用をご検討ください。

 

厚生労働省のホームページより、内容をご確認ください。 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

前へ