お知らせ

2021.03.28更新

スウェーデンから以下のように報告がありました。

・ワクチンを接種した女性の子宮頸がんの罹患率が63%減少した。

・17歳未満(日本の定期接種年齢)でワクチン接種を受けた女性の子宮頸がんの罹患率が88%減少した。

(NEnglJMed2020;383:1340-8)

 

HPVワクチンの定期接種の対象者は小学校6年〜高校1年相当の女の子です。

今もHPVワクチンは定期接種ですが、国の積極的接種の勧奨が控えられてからHPVワクチンの接種率は低下し、多くの子ども達の接種機会が今も失われ続けています。

この間も海外ではHPVワクチンの接種が継続され、その効果が証明されています。

スウェーデンの報告でも示されたように、HPVワクチンはセクシャルデビューする前の年齢で接種することで十分な効果が期待されます。

是非定期接種の期間内に接種を検討してください。不安や疑問な点は、当院までご相談ください。

 

厚生労働省の子宮頸がんとHPVワクチンのサイト

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2021.03.19更新

現在、全国的におたふくかぜワクチン、日本脳炎ワクチンの流通量が減少しています。

おたふくかぜワクチンに関しましては、当院では一定量の確保があります。これまで通り接種をお受けいたしますが(初回1歳、2回目は初回接種から概ね3年から小学校入学前)、当院(ぽっけ、あっぷりけ)かかりつけの方を優先するため、当院が主治医でない方の接種はお断りさせて頂きます。

日本脳炎ワクチンに関しましても、普段より当院かかりつけの方のみ接種をお受けします。
当分の間1期初回、2回目の接種を優先します。3回目(追加)、および2期の接種予約は見合わさせて頂きます。ただし接種期限が迫っている場合はできる限りご予約をお受けいたしますのでお声かけください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2021.03.19更新

第3回のオンライン講座を下記日程で行います。

お昼休みのちょっとした隙間時間に、クリニックにお越し頂かなくても、乳幼児期の食事について知識を深め、医師、管理栄養士に質問をすることができます。

第3回は、幼児期の食事全般について、乳幼児の悩みとして多い「便秘」について主に解説します。

 

ご希望の際は、ぽっけキッズクリニック、あっぷりけキッズクリニック、薬樹薬局長津田の窓口、お電話にてお申し込みください。

 

第3回オンライン講座

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック