よくある質問

2019.07.10更新

手足口病が流行しています。横浜市では警報レベルを上回っています。

 

•手足口病とは?

手足口病は夏に流行するウイルス感染症の一種です。原因となるウイルスはコクサッキーウイルスやエンテロウイルスで、複数の種類のウイルスが原因となりますから一度罹患しても感染を繰り返す場合があります。乳幼児に多く発症して学童期になると患者数は減少しますが、ときに成人が感染することもあります。

3〜5日程度の潜伏期をへて発症します。初期症状は発熱とのどの痛み。1~2日で解熱して、手掌や足底、肘、膝、臀部、口腔内や口の周りに紅色の水疱が出現します。軽い痒みを伴います。水疱は5日~10日程度で痂皮になりその後消失します。稀に髄膜炎や脳炎、小脳失調などを合併します。高熱が持続してぐったりするような場合は速やかにご相談ください。

原因となるウイルスいよって症状に差異が生じます。コクサッキーA6による手足口病の場合、発症から2〜3週間後に手や足の爪が剥離する場合があります。

 

•治療と予防
手足口病に有効な治療法はありません。抗生物質の投与は無効です。治療は対症療法が中心となります。発疹に対しては入浴などで清潔に心がけてとびひなどの二次感染を予防します。

小さなお子様の場合、口腔内の痛みから経口摂取が困難になる場合があります。酸味や塩気が強い食事は嫌がるかもしれません。食事は飲み込みやすく小さく刻んであげたり、少し柔らかめにして飲み込みやすくしてあげてください。プリンやゼリー、アイスクリームなどを補助食に用いるのも良いと思います。乳児の場合ミルクも少し冷まし気味にしてあげたほうが飲みやすい場合があります。

感染経路は経口感染、飛沫感染です。患者の唾液や便から感染します。患者が食べたものに口をつけたり、同じコップから飲み物を飲んだりすることは避けてください。患者とのタオルの共有も避けましょう。

発疹が消失した後も数週間は便にウイルスが排出されます。症状が改善した後も感染予防を継続する必要があります。

 

•保育園や幼稚園のお休みの期間は?

手足口病に定められた出席停止期間はありません。当院では以下のようにご案内しています。

・解熱後1日程度は自宅で体調の確認をしてください。

・普段通り食事が摂取できるようになってから登園を再開してください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2019.06.28更新

母子手帳にてお子さまの接種歴を確認してみてください。不足しているかな?と感じた場合はお気軽にご相談ください。

 

1.乳幼児期に接種を完了しているワクチン

・ヒブワクチン(4回)

・肺炎球菌ワクチン(4回)

・四種混合ワクチン(DPT-IPV)(4回)

・B型肝炎ワクチン(3回)

・BCG(1回)

・日本脳炎ワクチン(3回)3歳より接種を開始するのが一般的です。

・麻疹風疹ワクチン(MR)(1回)

・水痘ワクチン(2回)

・おたふくかぜワクチン(1〜2回)(任意接種)

・インフルエンザワクチン(毎年)(任意接種)

2.小学校に入学する前1年間で接種するワクチン

・麻疹風疹ワクチン(2回目)

・おたふくかぜワクチン(2回目)(任意接種)既に2回の接種が完了している場合は不要です。

・三種混合ワクチン(DPT)(1回)(任意接種)

・不活化ポリオワクチン(IPV)(1回)(任意接種)

 

麻疹風疹ワクチン(MR)、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチンは1回では不十分です。2回接種することでほとんどの人がこれらの病気にかからなくなり、かかったとしても軽い症状で済むことができます。

四種混合ワクチンで予防することができるジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオですが、小学校入学頃になると徐々にその抗体が低下してきていることが解ってきました。実際、百日咳患者の多くが小学生〜中学生です。これを予防するために小学校入学前に三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)および不活化ポリオワクチンの追加接種をお勧めしています(任意接種)。また11〜12歳で接種する二種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)(定期接種)を三種混合ワクチンに変更することもできます(任意接種となります)。

 

3.小学校以降で接種するワクチン

・日本脳炎ワクチン(9〜12歳)(定期接種)

・二種混合ワクチン(11〜12歳)(定期接種)三種混合ワクチンに変更可能(任意接種)

・HPVワクチン(小6〜高1相当女子)(定期接種)現在は接種の積極的勧奨が控えられています。ご希望の場合はご相談ください。

・髄膜炎菌ワクチン(2歳以上)(任意接種)高校や大学で寮生活をする場合、海外留学を検討する場合は接種をお勧めしてます。

・インフルエンザワクチン(毎年)(任意接種)

 

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2019.06.27更新

髄膜炎菌は健康な人の喉や鼻腔にも存在しています。人から人へ感染し、血液や髄膜に侵入すると全身に広がって敗血症、髄膜炎、髄膜脳炎などの侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)を引き起こします。発症率はそれほど高くはありませんが、ひとたびIMDを発症すると進行が非常に速く、重症化して死に至る危険性もあります。

発症初期の症状は発熱や頭痛、嘔吐などで風邪症状との区別が困難です。進行した場合の致死率は19%程度と報告されていて、発症から24〜48時間で5〜10%が死亡し、回復しても10〜20%の患者さんに難聴や神経障害、循環不全による四肢の壊死など回復困難な後遺症を残します。

世界では毎年50万人が髄膜炎菌感染症を発症し、5万人が死亡していると推定されています。途上国以外でもアメリカやイギリス、オーストラリアなどでも多くの報告があります。国内での発症はこれらの国に比べると多くはありませんが、高校の運動部の寮で集団発生したケースなどがあります。

 

治療が難しい髄膜炎菌感染症ですが、髄膜炎菌感染症にはワクチンが存在します。

アメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなどでは髄膜炎菌ワクチンは定期接種となっています。残念ながら日本では任意接種となりますが、2歳以上で接種が可能です。高校や大学の部活動などで寮生活を検討する場合、海外留学をする場合などに接種をお勧めします。

 

日本ではメナクトラというワクチンが接種可能です。髄膜炎菌には複数の株が存在します。このうち血清型A、B、C、Y、W-135がIMDの原因となります。メナクトラはこのうち4種類の抗原(血清型A、C、Y、W-135)を含みます。接種回数は1回です。

 

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2018.02.14更新

冬の発熱。インフルエンザかもしれません。では、受診のタイミングはどの時期が適切でしょうか?発熱した直後?それとも数時間、1日様子をみてから?

確かにインフルエンザの確定診断をするための迅速検査は発熱から少なくとも6-8時間経過していないと偽陰性が出てしまう可能性があります。ですから、お子様の体調に余裕があるようでしたら翌日くらいまで様子をみても良いかと思います。逆に発熱直後でもお子様の体調が極端に悪く見える場合。例えばぐったりしていて活気がない、水分を欲しがらない、飲んでもすぐ吐き戻してしまう、などの場合は検査のタイミングを待たずに受診するべきです。ちなみに仮に受診が早くてインフルエンザの迅速検査ができなくても症状から強くインフルエンザが疑われれれば抗ウイルス薬を投与する場合もあります。
インフルエンザでも、他の感染症でも大切なことは、お子様の様子を丁寧に観察すること、十分に静養させることです。インフルエンザには脳症などの合併症もありますから、少しでも体調に不安があれば速やかに受診を。逆に軽い食事が摂れて、お昼寝などもできているようであれば少し様子を見ていただいてから受信してみては如何でしょう。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2017.12.07更新

当院ではシナジスの接種を行っています。


・ シナジスとは
シナジスはRSウイルス感染に伴う重症化予防を目的に作られた注射薬です。シナジスはワクチンではありません。効果は接種後1か月で、RSウイルスが流行する時期に毎月接種します(通常はRSウイルスが流行する9月から3月の間に接種します)。

・RSウイルス感染症とは
RSウイルス感染症は秋から冬にかけて流行します。赤ちゃんが感染した場合には細気管支炎や肺炎をきたし、喘鳴(のどからヒューヒュー・ゼイゼイと音がする)や呼吸困難に陥る可能性があります。未熟児や心臓の病気、喘息などの合併症がある場合には重症化のリスクが高いです。RSウイルスに有効な抗ウイルス薬やワクチンは開発されていませんから感染予防が大切です。

・シナジスの接種対象は
重症化のリスクが高い以下のような場合は保険適応でシナジスを接種できます。

(横浜市在住で乳幼児医療の医療券をお持ちの場合は適応となります。)

早産児
① 早産児
在胎期間28週以下(28週6日まで)で9月に12か月齢以下
在胎期間29週~35週(35週6日まで)で9月に6か月齢以下
② 24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の児
③ 24か月齢以下の免疫不全を伴う児
④ 24か月齢以下のダウン症候群の児

※ 接種は予約制となります。事前にご相談ください。
母子手帳、可能であれば病院の紹介状などをお持ちください。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2017.05.14更新

スギ花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状をおこす病気です。花粉症のうちでスギ花粉が原因(アレルゲン)となるものを、スギ花粉症といいます。スギの花粉はおもに毎年2月から4月に飛散しますからこの時期に症状を認めます。日本人のうち20〜30%がスギ花粉症に罹患していると考えられます。

 

スギ花粉症の診断

毎年春に鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどを認める場合にはスギ花粉症を疑います。小児の場合、ウイルス感染や副鼻腔炎(蓄膿症)でも類似の症状を認める場合があり、鑑別が大切です。

スギ花粉症の検査としては、血清抗体検査、皮膚テスト、鼻汁検査などがあります。これらの検査と問診を組み合わせて診断します。

 

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉の抗原を含む治療薬を舌の下に投与します。毎日治療薬を使用することでスギ花粉症の症状を緩和することができます。約8割の人に効果があると言われ、そのうち2〜3割の人はまったく症状を認めなくなりました。

 

舌下免疫療法の対象は

対象は12歳以上のスギ花粉症の方です。他の花粉、ダニ、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎には効果がありません(別の治療薬でダニの舌下免疫療法も可能です。ご興味のある方はご相談ください)。

抗アレルギー剤を使用しても症状の改善が乏しい、抗アレルギー剤は眠気が出てしまい使用できない方はご検討いただけるとよろしいかと思います。

 

舌下免疫療法の副作用

口の中の脹れ、口や喉のかゆみなどが主な副作用です。これらの副作用は一過性で投与を継続していると徐々に認められなくなります。

稀にアナフィラキシーショックの可能性があります。このようなケースは投与量を間違えたり、長期間休薬した後に急に治療を再開した際がほとんどです。治療薬の使い方に関しては主治医より十分に説明を受けてください。

 

舌下免疫療法の治療の実際

スギ花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉が飛散していない時期に治療を開始します。当院では毎年4月から11月中までに治療を開始します。

1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

治療を開始すると翌年のシーズンから効果が現れはじめます。

 

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2017.03.26更新

臍ヘルニアとは

臍ヘルニア(でべそ)とは、新生児期、ちょうど産院を退院して、へその緒が取れた頃から生後1か月くらいまでに、もっこりとおへそが飛び出してくる状態のことを言います。最初は泣いた時だけ大きくなるなど小さいのですが、生後2~4か月をピークに大きくなっていきます。お母さんと赤ちゃんをつなぐ臍帯の通り道であった腹壁の筋肉が完全に閉じなかった為に起こる現象で、新生児の約4%に見られ、1歳までに80%、2歳までに90%前後が自然治癒すると言われています。  

 

臍ヘルニアの治療

以前は皮膚トラブル(接触皮膚炎)の問題から、何もせずに様子観察することが多かったのですが、大きくなったおへその伸びきってしまった皮膚は元には戻らず、その醜形が問題となっていました。 現在は、通気性の良いテープやスポンジシートの出現により、早期から(生後2か月までがおすすめ!) スポンジ圧迫法により、見た目も美しく、治療期間も29~279日、平均で79日間と短い期間で治せる可能性があることがわかりました。(治療開始を生後2か月とすると生後4か月までに治癒する可能性があるということですね! 当院もこのスポンジ圧迫法を取り入れて、臍ヘルニアの早期完治を目指しています。 ご相談いただきました皆様には良好な結果が出ております。お肌の弱い赤ちゃんや、臍ヘルニアが大きすぎる場合など、圧迫しても治癒が見られない場合は、ご相談の上、専門病院へ紹介させて頂きます。

臍ヘルニア圧迫療法

スポンジ圧迫法とは写真のように医療用のスポンジシートをカットして、通気性の良い医療用テープで圧迫固定します。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2016.10.31更新

●赤ちゃんはハチミツを食べてはだめ?なぜ?
天然のハチミツの中には稀にボツリヌス菌が存在することがあります。1歳未満のお子さん(多くは生後3週から6か月程度の乳児)がハチミツを接種するとボツリヌス菌が腸管内で増殖し、ボツリヌス菌が産生した毒素により乳児ボツリヌス症を発症することがあります。症状は長引く便秘、脱力、筋力の低下や呼吸困難などです。摂取から3日~30日後に症状が出現し、症状発現まで時間がかかることも特徴です。

パンなど一部の食品には添加物として既に製造の段階からハチミツを使用している物もあります。加熱など十分に処理をされた加工品の中にはボツリヌス菌は存在しないと考えられ、まず発症のリスクは無いと考えられます。1歳未満のお子様はハチミツの摂取を控えましょう。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2016.10.31更新

●睡眠について
睡眠はレム睡眠(睡眠中、脳が活動している状態)とノンレム睡眠(脳が休止している状態)に分けられます。ノンレム睡眠の間に人間は脳を休め、レム睡眠の間に脳はその日あったことを追体験したり、以前の記憶の整理を行ったりしていると考えられています。寝ている間に夢を見るのもこのような睡眠中の脳の活動によると考えられています。

ちなみに魚類や、爬虫類といったあまり脳の発達していない生物では人間のようなはっきりした睡眠は認められません。脳の発達した人間だからこそ眠ることは大切だと言えます。

●睡眠の大切さ
子供たちは(もちろん私達大人もそうですが)十分な睡眠時間を確保することで翌朝しっかりと目を覚まし、朝食を摂ることができます。睡眠時間が足りない子はそうでない子に対して朝食を摂っていない場合が多いです。「早寝早起き」は子供たちの生活リズムを整え、健康を保つために必須です。

昔から「寝る子は育つ」と言われますが、夜、睡眠中に多くの成長ホルモンが分泌されることが知られています。また、睡眠不足は食欲を調節するホルモンバランスも崩してしまい、十分に睡眠時間を確保している人に対して睡眠不足の人の中に肥満が多いことも知られています。

●どれくらいの睡眠が必要?
諸説ありますが、小児では最低7~8時間。私は小学生で9時間程度の睡眠時間を推奨しています。小学生のうちからあまり睡眠時間が少ないと、更に忙しくなる中学生、高校生になった頃にはもっと睡眠時間が減ってしまうことが予想されます。小学生も高学年になると塾や習い事、場合によっては中学受験などで大変忙しくしている子を多く見かけます。でも、この時期はちょうど子供たちが思春期を迎える時期でもあり、この時期の生活リズムの乱れはその子の一生を左右してしまう可能性があります。

子供に「早く寝なさい」といっても、大人が近くで食事をしたり、テレビを見たりしていれば、子供はどうしてもそちらが気になってしまい眠ることができません。子供たちの早寝早起き、睡眠時間の確保のために親の協力も必要だと思います。

投稿者: ぽっけキッズクリニック

2016.10.31更新

暑い夏。楽しいイベントもたくさん! でも熱中症には気をつけましょう。気温が高いと私たちは汗をかくことで体温を調節します。水分が足りず、うまく汗をかけない状態になると、身体に熱がこもって体調を崩します。これが熱中症です。重症の場合には高熱や意識障害に陥るなど、命を落とす可能性のある恐ろしい病気です。

●熱中症を予防する
熱中症は真夏の炎天下ばかりでなく、曇った蒸し暑い日、室内でのスポーツでも起こります。熱中症を予防する上で大切なことは以下の通りです。

・十分な水分摂取。水ばかりではなくスポーツ飲料など、塩分と糖分の摂取にも気をつけてください。子供は遊びに夢中になると水分をとることを忘れてしまう場合も。昔は「スポーツ中は水分をとらないように」と指導されましたが、いまは休憩を摂りながらこまめに水分を摂取することが大切だと知られるようになりました。
・気温が35度を超えるような日は運動を控える。
・帽子や、風通しのよい服装を。
・寝不足や体調の悪い日は無理をしない。
・ベビーカーに乗った赤ちゃんは地面からの輻射熱を多く受けてしまいますからご注意を。
・仮にエアコンをつけていたとしても子供だけを車の中に残すことは厳禁です。

●熱中症の症状と対処法
軽い熱中症の症状は疲れ、頭痛や吐き気、めまいなどです。このような症状が出たら、風通しの良い涼しい場所で休んでください。スポーツ飲料など冷たい飲み物をゆっくり飲みます。症状が改善しなかったり、お子さんがぼーっとして元気が無い、ぐったりしている場合には速やかに病院を受診しましょう。熱中症に気をつけて素敵な夏の思い出を!

投稿者: ぽっけキッズクリニック

前へ